ホワイトチョコレートはチョコじゃない?カカオが入っていない?

お菓子

寒い季節になるとチョコレートが恋しくなりますね。

まるで宝石のような1粒、茶色に白色に赤色と色とりどりです。

『あれ?でもホワイトチョコレートって、なんで白色なの?』

カカオは茶色、ホワイトチョコレートは白色

『……!もしかしてカカオが入っていないのでは!』

そんな疑問を解き明かしていきましょう。

スポンサーリンク

ホワイトチョコレートにはカカオは入ってない?

チョコレートと言えば茶色、ホワイトチョコレートは白色…ということは、カカオは入っていない?

というのは間違いで、もちろんカカオはしっかり入っています。

チョコレートと名乗るためには、いくつかの定義がありますので、見てみましょう。

チョコレートの定義

チョコレートにはそれぞれ定義があり、ビター・ミルク・ホワイトで違います。

チョコレートの種類を解説!製法・形状によるチョコレートの違いとは
世の中には様々なチョコレートを使用した商品が並んでいますが、それぞれどのように分類されるか、ご存知でしょうか?ここでは、チョコレートの種類を解説。製法や形状によるチョコレートの違いを知ると、商品を選ぶ際の参考にもなりま...

↑のサイトの画像を引用させていただいてます。

ビターチョコレート:カカオ分が全重量の35%以上(その内ココアバター18%以上)、水分3%以下

ミルクチョコレート:カカオ分が全重量の21%以上(その内ココアバター18%以上)、乳固形分14%以上(その内乳脂肪3%以上)水分3%以下

ホワイトチョコレート:カカオ分が全重量の21%以上(その内ココアバター18%以上)、乳固形分カカオと合わせて35%以上(その内乳脂肪3%以上)、水分3%以下

カカオ分には、カカオニブ・カカオマス・ココアバター・ココアパウダーの合計量を表します。

この様にホワイトチョコレートにも、カカオ分であるココアバターが入ってるため、チョコレートと言えます。

ホワイトチョコレートはカカオが入っているのに、なぜ白いの?

ホワイトチョコレートにもカカオが入っていることはわかりましたが、なぜ白いのか?

それは、カカオ分がココアバターしか入ってないからです。

ココアバターは、普通のバターのように白っぽい色のため、茶色に仕上がらず白色に仕上がります。

チョコレートに使われるカカオの種類

カカオニブ・カカオマス・ココアバターなど、普段聞き慣れない単語が出ますが、チョコレートを理解するためには必須単語です。

それぞれどんなものか見て見ましょう。

カカオニブ

カカオ豆を焙煎し、粗く砕いたものがこちらです。

砂糖などを加えて加工することで、普段食べるチョコレートに仕上げていきます。

そのまま食感のアクセントに使ったり、苦味を利用したり、栄養価も高いため、スーパーフードとしても注目されています。

カカオマス

カカオニブをすり潰していくと、カカオの脂肪分が出て練り込まれます。

そのままペースト状にして、冷やし固めたものがカカオマスです。

見た目は普段食べるチョコレートですが、まだこの時点ではカカオ100%のためものすごく苦いです。

ココアバター

カカオマスを圧搾して取り出す、無味無臭の天然油脂。

バターのような見た目ですが、性質は異なり、温めると一気に液体になり、冷めると一気に固体になります。

カカオパウダー

カカオマスを圧搾して油脂分を取り除いたものが、カカオパウダー。

カカオの香りや味がするのはこちらです。

油脂分は、ココアバターに比べると少ないですが、11%〜24%ほど含まれています。

カカオが入ってるホワイトチョコレートが甘すぎて苦手な理由

チョコレートは好き、でもホワイトチョコレートは苦手。

なんだか矛盾してるように聞こえますが、よく耳にしますね。

同じチョコレートなのに…と思うかもしれませんが、その秘密は原材料に隠されています。

ホワイトチョコレートの原材料

ホワイトチョコレートは、主に4つの材料で作られています。

ココアバター・粉乳・砂糖・香料

苦手な理由は原材料にヒントがあります。

カカオ分である、ココアバターは含まれていますが、ココアバター自体は無味無臭です。

その他の材料も、粉乳・砂糖・香料と、ミルキーな甘さのものですので、チョコレートの香りや苦味を感じる材料が含まれていません。

そのため、チョコレートのビターな苦味を楽しみたい方にとっては、ホワイトチョコレートの味は真逆の味になります。

どうしても甘くなりすぎなホワイトチョコレート。苦手な人が多いのは、チョコレートらしさがないことが原因ではないでしょうか。

美味しいホワイトチョコレートはある?

パティシエがケーキのスペシャリストなら、ショコラティエはチョコレートのスペシャリスト。

ショコラティエの力を持っても、ホワイトチョコレートのイメージを変えることは出来ないのでしょうか?

パレ・ド・オール

ショコラティエ三枝俊介がオーナーシェフを務めるショコラ専門店。

最近では、Bean to Bar(ビーントゥバー)など、いろんなショコラ専門店がありますね。

でも、こちらの店はBean to Barだけでなく、カカオを搾りココアバターまで自家製です。

自家製だからこそ出せる、ホワイトチョコレートの味。

ぜひご賞味ください。

ショコラティエ パレ ド オール ブラン

まとめ

カカオとは、カカオニブ・カカオマス・ココアバターなど、カカオ豆を加工したもののことを表してる。

ホワイトチョコレートに含まれるカカオ分は、ココアバターのみのため、白色をしている。

カカオの香りがほとんどないのは、基本的にココアバターが無味無臭のため。

ホワイトチョコレートにはカカオが入っれてない?と疑問に思っていた方も、これで疑問が解消されましたね。

今回もご閲覧ありがとうございます。

よしみけ٩(ˊᗜˋ*)و

コメント

タイトルとURLをコピーしました