富澤商店のチョコレートって何種類ある?店舗に行ってリサーチしてみました

こんにちはよしみけです。

クリスマスが終わると、すぐにバレンタインの期間になりますが、手作りチョコレートを作る方も多いのではないでしょうか?

チョコレートは、チョコレート・生クリーム・バターなど、使う材料が少ない分、1つ1つの材料が大切です。

気合いを入れて、製菓材料店の富澤商店に行ってみたら、何十種類もある製菓用チョコレートたち…

一体どれを選べばいいのか…

今回店頭で見にいってみると、なんと29種類もチョコレートがありました。

というわけで、富澤商店にある製菓用チョコレートを一挙ご紹介します。

目次

スポンサーリンク

富澤商店

代表的なチョコレートメーカーの商品以外にも、クッキーやスポンジの型・調味料・薄力粉・強力粉など、和洋中の材料が豊富にあります。

お菓子以外にも、料理・パンを作る人にとっては欠かせないお店です。

店頭にあるチョコレートは100〜200グラムが基本ですが、ネットでは1キロのものもあります。

大量に消費する場合は、1キロを買うと良いでしょう。

スポンサーリンク

ヴァローナ

f:id:yoshimike:20200120230605j:plain

ヴァローナと言えば、お菓子業界に携わっていれば誰もが知っているブランドです。

世界各地に契約農園を持ち、栽培から収穫・発酵・乾燥、豆の選定に至るまでを、現地スタッフと二人三脚で行っています。

昔ながらの製法と職人的な技術を生かし、厳しい品質管理のもと最上のチョコレートが生み出されていて、プロ御用達のブランドです。

チョコレート以外にも、プラリネ・ジャンドゥーヤ・ココア・ボンボンショコラなど、様々な商品の取り扱いがあります。

カライブ カカオ66%

f:id:yoshimike:20200120231043j:plain

ローストしたナッツを思わせる、甘味・苦味・酸味のバランスの取れたチョコレート。

tomiz.com

グアナラ カカオ70%

f:id:yoshimike:20200120231131j:plain

チョコレート本来の苦みと、持続性のある香りが特徴。

カカオ70%は、苦味の中に甘味が隠れているため、甘いものが苦手な方におすすめです。

tomiz.com

マンジャリ カカオ64.5%

f:id:yoshimike:20200120231216j:plain

フルーティな香りで、酸味があるのが特徴。

甘味や苦味よりも、酸味が際立ちます。

tomiz.com

エクストラビター カカオ61%

f:id:yoshimike:20200120231544j:plain

ほろ苦さと酸味が強く、甘さ控えめです。

様々な食材と相性が良いです。

tomiz.com

ラク カカオ56%

f:id:yoshimike:20200121053547j:plain

まろやかでナッツのような香ばしい風味。

バランスの良いチョコレートで、カライブをもっとまろやかにした味です。

tomiz.com

ジヴァララクテ カカオ40%

f:id:yoshimike:20200121053640j:plain

バニラの香りのするミルクチョコレート。

まろやかながらも、カカオらしさを兼ね揃えています。

tomiz.com

ドゥルセ カカオ35%

f:id:yoshimike:20200121053740j:plain

ブロンドチョコレートと言われ、ビスケットのような香ばしさに、わずかに残る塩味がアクセントに。

流行りのルビーチョコレートよりも知名度は低いですが、こちらも第4のチョコレートと言われています。

tomiz.com

イボワール カカオ35%

f:id:yoshimike:20200121053846j:plain

上品な甘さで、カカオバターの香りが強いホワイトチョコレートです。

市販のホワイトチョコレートは甘ったるくて食べれない…そんな方も、イボワールなら大丈夫かもしれません。

tomiz.com

カカオバリー

f:id:yoshimike:20200120230647j:plain

世界最大のチョコレートメーカーであるバリー・カレボーグループの中核を担うブランドカカオバリー。

おいしいチョコレートは高品質のカカオ豆からをモットーに、原産地限定チョコレート「オリジンシリーズ」をはじめ、多彩なラインナップでユーザーのニーズに応えます。

ビストール・サンドマング カカオ70%

f:id:yoshimike:20200121053944j:plain

カカオ70%のわりに甘味が良く、クセがなく扱いやすいです。

tomiz.com

ビストール・パプアジイ カカオ35%

f:id:yoshimike:20200121054032j:plain

ミルクチョコレートの甘さに、軽いスパイスの香りが特徴。

tomiz.com

クーベルタブレット エクストラビター カカオ64%

f:id:yoshimike:20200121054123j:plain

独自のブレンドにより、ほんのり苦味を持っているのが特徴。

tomiz.com

クーベルタブレット エクセランス カカオ55%

f:id:yoshimike:20200121054214j:plain

凝縮したカカオの風味に、さっぱりした甘味のチョコレート。

tomiz.com

クーベルタブレット ラクテ カカオ38%

f:id:yoshimike:20200121054311j:plain

ミルクチョコレートなのに、色合いが濃くカカオの香りが強い。

ビターチョコレートのような使い方も。

tomiz.com

タブレット ブランサタン カカオ29%

f:id:yoshimike:20200121054404j:plain

光沢のあるなめらかなホワイトチョコレート

tomiz.com

ベルコラーデ

f:id:yoshimike:20200120230722j:plain

ベルギーを代表するチョコレートのブランドです。

新しいチョコレートの愉しみ方や独自のチョコレート理論、「ジャパン・ベルコラーデ・アワード」や「ベルコラーデクラブ」によるプロフェッショナルのサポートなど、自由な発想でチョコレートを提案してます。

クーベルタブレット スイート(ノワール・セレクシオン) カカオ55.6%

f:id:yoshimike:20200121054458j:plain

すっきりした苦味と、バランスの取れた甘さ。

クセがなく、お菓子だけでなくパンなどにも使えます。

tomiz.com

クーベルタブレット ミルク(レ・セレクシオン) カカオ33.9%

f:id:yoshimike:20200121054558j:plain

ミルクとカカオの香りのバランスが良く、チョコレート菓子以外にもおすすめです。

クセのないミルクチョコレートなので、どの素材とも相性が良いです。

tomiz.com

タブレット ホワイト(ブラン・セレクシオン) カカオ28.1%

f:id:yoshimike:20200121054713j:plain

ミルクの香りと甘さのバランスが良く、素材の味を活かしたホワイトチョコレートです。

tomiz.com

カレボー

f:id:yoshimike:20200120230749p:plain

最高の材料だけにこだわったベルギーの中心部にあるカレボー。

100年以上もの間チョコレートを作っており、ベルギーで最も古いカカオ焙煎所で丹念に作られています。

カカオ豆は、西アフリカで最高のサスティナブルカカオ豆を使用してます。

クーベルチュールチョコ エキストラダーク カカオ70.5%

f:id:yoshimike:20200121054827j:plain

カカオ特有の深い苦味と香りが特徴のビターチョコレート。

tomiz.com

クーベルチュールチョコ スイート カカオ54.5%

f:id:yoshimike:20200121054938j:plain

カカオの風味・甘さ・カカオバターの風味の三拍子揃った、バランスの良さが特徴。

tomiz.com

クーベルチュールチョコ ミルク カカオ33.6%

f:id:yoshimike:20200121055050j:plain

口溶けの良さとキャラメルを思わせる風味を持った、バランスのとれたミルクチョコレート。

tomiz.com

ホワイトチョコレート カカオ28.0%

f:id:yoshimike:20200121055148j:plain

繊細なバニラの香りが特徴のホワイトチョコレート

tomiz.com

KAOKA

f:id:yoshimike:20200120230813j:plain

他のチョコレートブランドに比べると、知名度は低めなカオカ。

カカオ豆の栽培からチョコレートの製造までの全てのプロセスにおいてオーガニック製法を中心に作られています。

そのこだわりが、カカオ豆の持つ力強い風味と凝縮された芳香を引き出しています。

こだわりはカカオ以外にもあり、フェアトレードの精神に基づき、カカオ栽培者の生活水準の向上につとめ、エクアドルではカオカ基金を設立しました。

リオアリバ カカオ70%

f:id:yoshimike:20200121055509j:plain

f:id:yoshimike:20200121055253j:plain

ドライフルーツのような香りに、洋梨のようなフレッシュな香り、繊細な花の香りを合わせた、ビターチョコレート。

tomiz.com

トロアコンチネンツ カカオ61%

f:id:yoshimike:20200121055348j:plain

f:id:yoshimike:20200121055421j:plain

軽い酸味・カカオの苦味・フルーツの繊細な香りと、バランスの取れたチョコレート。

tomiz.com

ミコロ カカオ32%

f:id:yoshimike:20200121055636j:plain

f:id:yoshimike:20200121055839j:plain

コクのあるミルクに、キャラメルを思わせる甘い香りと、穏やかな酸味がアクセントのミルクチョコレート。

tomiz.com

大東カカオ

f:id:yoshimike:20200120230837p:plain

カカオマスを自社が選別したカカオ豆を使って、作っています。

ベーシックな純良チョコレートをはじめ、様々なテンパリングチョコレート・ノーテンパリングチョコレート、カカオの風味・品質を追求し作り上げグラサージュショコラなど、それぞれ特徴をもった製品を多数用意しています。

自社のクーベルチュール・ブランドがあり、【スペリオールシリーズ】や高品質素材のみを使用した【アンセムシリーズ】など、自社ブランドも多数ありです。

クーベルチュールチョコレート エキストラビター カカオ65%

f:id:yoshimike:20200121055911j:plain

深みのあるカカオの風味に、ほどよい酸味。

フレークタイプのため、刻む手間なくすぐに使えます。

tomiz.com

クーベルチュールチョコレート スイート カカオ56%

f:id:yoshimike:20200121055947j:plain

ほどよい甘さに、シャープな苦味。

フレークタイプのため、刻む手間なくすぐに使えます。

tomiz.com

クーベルチュールチョコレート ミルク カカオ44%

f:id:yoshimike:20200121060036j:plain

マイルドな甘さのミルクチョコレート。

フレークタイプのため、刻む手間なくすぐに使えます。

tomiz.com

クーベルチュールチョコレート ホワイト カカオ40%

f:id:yoshimike:20200121060139j:plain

牛乳風味のミルク感のホワイトチョコレート

フレークタイプのため、刻む手間なくすぐに使えます。

tomiz.com

ルビーチョコレート カカオ分34%

f:id:yoshimike:20200121060232j:plain

色鮮やかなピンクが特徴のルビーチョコレート。

約80年ぶりに、ビター・ミルク・ホワイトに次ぐ、第4のチョコレートが誕生しました。

天然の美しいピンク色に、フルーティな風味が特徴です。

tomiz.com

チョコレート早見表

上で紹介したチョコレートの早見表です。

名称ブランドチョコレートの種類カカオ分容量本体価格
カライブヴァローナビター66%150グラム909円
グアナラヴァローナビター70%150グラム940円
マンジャリヴァローナビター64.5%150グラム930円
エクストラビターヴァローナビター61%150グラム997円
ラクヴァローナビター56%150グラム850円
ジヴァララクヴァローナミルク40%150グラム869円
ドゥルセヴァローナブロンド35%150グラム1030円
イボワールヴァローナホワイト35%150グラム930円
ピストールサンドマンカカオバリービター70%200グラム950円
ピストール・パプアジイカカオバリーミルク35%200グラム797円
クーベルタブレット エクストラビターカカオバリービター64%200グラム769円
クーベルタブレット エクセランスカカオバリービター55%200グラム769円
クーベルタブレット ラクカカオバリーミルク38%200グラム790円
タブレット ブランサタンカカオバリーホワイト70%200グラム859円
クーベルタブレット スイートベルコラーデビター55.6%150グラム528円
クーベルタブレット ミルクベルコラーデミルク33.9%150グラム540円
タブレット ホワイトベルコラーデクホワイト28.1%150グラム559円
クーベルチュールチョコ エキストラダークカレボービター70.5%100グラム419円
クーベルチュールチョコレ スイートカレボービター54.5%100グラム419円
クーベルチュールチョコ ミルクカレボーミルク33.6%100グラム397円
ホワイトチョコレートカレボーホワイト28%100グラム419円
リオアリバKAOKAビター70%200グラム819円
トロアコンチネンツKAOKAビター61%200グラム790円
ミコロKAOKAミルク32%200グラム797円
クーベルチュール エキストラビター大東カカオビター65%1キロ1880円
クーベルチュール スイート大東カカオビター56%1キロ1859円
クーベルチュール ミルク大東カカオミルク44%1キロ1880円
クーベルチュール ホワイト大東カカオホワイト40%1キロ1900円
ルビーチョコレート富澤商店ルビー34%100グラム650円

こう見てみると、ヴァローナのチョコレートは他に比べるとお値段が高めですが、その分カカオの香りが良いです。

本命の方にあげるチョコレートで使いたいですね。

友達や職場の方など、たくさんの人に渡すなら、大東カカオの1キロサイズはおすすめです。

学生の頃に、2キロほど買って大量にチョコレートを作ったことがありますが、フレークタイプでリーズナブルな価格のため使いやすかったです。

まとめ

f:id:yoshimike:20200121060305j:plain

店舗によって商品の違いはありますが、ざっとこんなにも種類があります。

甘いのが苦手なら、ビターチョコレートでカカオ分60%〜70%

普通くらいなら、ビターチョコレートやミルクチョコレートでカカオ分50%〜60%

甘いのが好きなら、ミルクチョコレートやホワイトチョコレートでカカオ分30%〜50%

チョコレートの種類とカカオ分を見て選ぶと決めやすいです。

是非手作りチョコレートに挑戦してみて下さい。

今回もご閲覧ありがとうございます。

よしみけ٩(ˊᗜˋ*)و

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました