お菓子に欠かせない5種類のクリームのおさらいをしましょう

こんにちはよしみけです。

5種類のクリームについてご紹介してきましたが、簡単にまとめておさらいしたいと思います。

f:id:yoshimike:20180808095035j:plain

生クリーム・カスタードクリーム・バタークリーム・ガナッシュ・アーモンドクリーム

こちらのクリームが様々なケーキに使われています。

どんな風に使われているのかもう一度見てみましょう。

スポンサーリンク

生クリーム

f:id:yoshimike:20190709132329j:plain

生クリームはお菓子には欠かせないクリーム。

乳脂肪分によって相性の良いお菓子があり、
35%前後:ムース系やあっさり仕上げたい時
40%以上:デコレーションケーキなどの、生クリームの味を主張したい時

使い分けることで、自宅でもプロが作ったようなケーキを作れます。

www.yoshimike.com

カスタードクリーム

f:id:yoshimike:20190711063905j:plain

クレーム・パティシエールと呼ばれる、お菓子屋のクリーム。

同じ材料でも、お店によって味が全然違うので、いろんなお店で食べ比べすると面白いです。

とにかく手早く作るのがポイントの、ちょっと忙しいクリームです。

もたもたしてるとクリームに火が通り過ぎたり、逆に弱火でゆっくりすると、クリームのコシがなくなります。

お菓子の柱となるクリームですが、見習いパティシエが初めに任される仕事です。

www.yoshimike.com

バタークリーム

f:id:yoshimike:20190713142930j:plain

今では生クリームやカスタードクリームが主流ですが、昔はバタークリームが主流でした。

バタークリームには他のクリームにはない、コクと口溶けの良さがあるため、今でもブッシュドノエルやマカロンなどのお菓子に、欠かせないクリームです。

www.yoshimike.com

ガナッシュ

f:id:yoshimike:20190718171455j:plain

ガナッシュは、チョコレートに牛乳や生クリームを合わせたクリームのことです。

ケーキ以外にも、ボンボンショコラの中身に使ったりと、チョコレート菓子にはなくてはならないクリーム。

ダーク・ミルク・ホワイトチョコレートとあり、カカオの%も幅広くあるため、様々な味を出す事ができます。

www.yoshimike.com

アーモンドクリーム

f:id:yoshimike:20190724133535j:plain

アーモンドクリームはタルトによく使われるクリーム。

アーモンドのコクをふんだんに楽しむことが出来て、フルーツ・チョコレートなどと相性が良いです。

他の素材の味を邪魔する事なく、でもアーモンドクリームの味もしっかりと主張できます。

フルーツ・チーズ・チョコレートタルトなど、様々な種類がありますが、代表的なタルトと言えば、やっぱりガレット・デ・ロワです。

www.yoshimike.com

まとめ

f:id:yoshimike:20180808123648j:plain

いろんなクリームを紹介しましたが、クリームに使う素材は、卵・牛乳・チョコレートなどの素材の味が大切です。

シンプルな作り方だからこそ、素材1つ1つを大切にします。

温度変化や分量が変わるだけで、味が全然変わるほど繊細です。

なにも知らずに食べるのと、こういう作り方だからこういう味になるのか、とでは味の感じ方も違います。

他のお菓子や料理にも言えますが、余裕があればもっと深い世界を見てみてください。

今回もご閲覧ありがとうございました。

よしみけ٩(ˊᗜˋ*)و

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメント

  1. papico405 より:

    生クリームとカスタードしか意識してなかったけど、いろいろあるんですね。今度からお菓子食べるとき気にしてみようかなと思います。
    よしみけさんのブログ読むと、美味しそうなお菓子の写真が多く食欲が刺激されます(笑)

  2. yoshimike より:

    ぱぴこさん
    コメントありがとうございます!
    お菓子ってすごーく奥が深いので、調べてみるといろいろ出ますよ!
    お菓子の由来とかも面白いので、ぜひ調べてみて下さい!

タイトルとURLをコピーしました