yoshimikeの日記

飲食業界10年の元パティシエ・現保育園調理師が書く、お菓子と食について。

子供のご飯の悩み
スイーツ食べ歩き帳
調味料の選び方
お菓子のなぜ?

赤ちゃんが離乳食を食べない時どうする?離乳食の対策と進め方

こんにちはよしみけです。

子供が産まれてすぐはミルクですが、半年もすると離乳食が始まります。

慣れない離乳食を時間をかけて作り、

「たくさん食べて大きくなれー」



という思いで、作って上げてみたものの、全然食べない…

せっかく作ったのに…と悲しい気持ちになりますが、まずは深呼吸を。

赤ちゃんや子供の頃は、いくら愛情を注いで作っても、気分によって食べないことが多々あります。

もしかしたら、野菜が固くて噛めなかったのかも?

もしかしたら、お腹は空いてなくて、眠たかったのかもしれません。

今一度、離乳食について見直してみませんか?

月齢に合わせた離乳食

離乳食と言っても、月齢によって4タイプに分かれます。

ただ、これはあくまでも目安なので、

5ヵ月だから離乳食初期を始める



7ヵ月になったら中期にする



というわけではありません。

子供の成長は人それぞれですので、赤ちゃんの食への関心や、歯の生え方に合わせて用意していきましょう。

まずは、それぞれの特徴を見て、自分の子供が今どの段階なのか見ていきましょう。

初期(5〜6ヶ月)

f:id:yoshimike:20191025140250j:plain

ミルク以外で初めて口にする食べ物です。

大人のごはんに興味を持ったり、よだれが出始めたら、始める目安です。

始めはおかゆの上澄みをスプーン1日1杯から始め、徐々に回数を増やします。

おかゆから始め、野菜スープの上澄みと少しずつ進めていきましょう。

離乳食初期は、お腹を満たすためより、食べ物に慣れるため・アレルギー反応が出ないか、などを意識してあげます。

この時期はまだ歯が1〜2本しか生えていないので、固形物はあげないようにしましょう。

中期(7〜8ヶ月)

f:id:yoshimike:20191025140408j:plain

食べることに慣れてきたら、離乳食初期を卒業し、離乳食中期に変えて、噛むということを覚えていきます。

食事の回数も1日2回になり、おかゆ・おかず・汁物の3品と変わります。

まだ前歯が数本しか生えていないので、食材はみじん切りにし、歯茎で潰せる固さにします。

「歯茎で潰せる固さってどれくらい?」



なかなかイメージが難しいですが、親指と小指で挟んで潰せる固さを目安にしましょう。

まだまだ胃は未熟なので、調味料は味付けより、風味付けの意味合いで数滴入れるくらいで大丈夫です。

後期(9〜11ヶ月)

f:id:yoshimike:20191025140437j:plain

離乳食が始まると、ミルクの量が減っていきますので、ミルク<離乳食の割合に変えていきます。

後期になると、自分で食べたいという意欲が湧き、スプーンを手にとったりします。

歯が生え始め、5ミリ〜1センチの角切りと、徐々に食材の大きさを変えていきましょう。

自分の歯で食材を噛むということを覚えていきますので、

いつまでも食べやすい大きさ

ではなく、噛んでたべる、大きなものを噛みとるという力を覚えていきます。

味付けはまだ薄味で、塩・醤油・味噌の3つの調味料があれば十分です。

完了期(12ヶ月)

f:id:yoshimike:20191025140507j:plain

いよいよ離乳食も終わりです。

完了期とは、離乳食の形状ではなく、大人の食事を細かくしたものです。

完了期になると大人と同じものを食べれますが、まだまだ刺激が強いものや脂っこいものは避けましょう。

冷凍離乳食よりも出来たて離乳食を

f:id:yoshimike:20191025140642j:plain

よく巷で聞くのは、

離乳食はまとめて作って、小分けにして冷凍すると便利

たしかに、便利かもしれませんが、出来たてと冷凍して数日経ったものでは味も違います。

赤ちゃんの舌はとても敏感なので、その違いが分かってしまいます。

忙しい時は仕方ないと思いますが、なるべく当日に作った、出来たての離乳食をあげましょう。

出来たと冷凍では、美味しさのほかに、作り手の気持ちの違いも変わります。

出来たを出した時の雰囲気

冷凍を出した時の雰囲気

冷凍を出した時、後ろめたさを感じませんか?

赤ちゃんはそういった空気も感じてしまいます。

上手い下手は関係なく、愛情が感じられるかがポイントです。

赤ちゃんも大人と同じ料理を食べたい!

f:id:yoshimike:20191025140536j:plain

大人は、パンにハンバーグにポテトサラダ・コーンスープ

赤ちゃんには、おかゆに魚の煮込みに味噌汁

こんな風に、大人と赤ちゃんで全然メニューが違う家庭も多いと思います。

これでは、作るのも大変ですし、同じテーブルで食べているのに、なんだか別々に食べているみたいです。

別々にごはんを作るのも大変ではないでしょうか?

例えば晩御飯をカレーにする場合

①.大人用に野菜を切り、炒める。

②.水を入れて煮込む。

③.野菜が柔らかくなったら、離乳食用に別の鍋に取り分ける。

④.離乳食用の方を味付けして完成。

この時、魚や豆腐などのタンパク質を入れてもいいです。

⑤.大人用に、肉やルーを入れれば、カレーの出来上がりです。

こうすれば一緒に作ることができ、赤ちゃんと大人のごはんの違いの差が少ないです。

味付けは赤ちゃんに合わせる

一度濃い味付けにすると、元に戻すことは出来ません。

まずは、赤ちゃん用の味付けで作り、取り分けてから大人用の味付けにしましょう。

具材は大きく

具材の大きさを赤ちゃん用に合わせてしまうと、大人は物足りません。

具材は大人に合わせ、取り分けてから細かく切ったり、潰します。

大人も赤ちゃんも喜ぶレシピ

f:id:yoshimike:20191028001907j:plain

大人と赤ちゃんのごはんを一緒に作れ、美味しいレシピがあればいいと思いませんか?

手軽なのに、素材の味を活かした美味しいレシピをご紹介します。

【タラと野菜の重ね煮】
【材料】
・タラ
・人参
・ほうれん草

【作り方】


①.ほうれん草はざく切りにし、人参はいちょう切りにします。

②.鍋にほうれん草・人参・タラの順に重ねて、水を入れて火にかけます。

③.野菜が柔らかくなったら、塩と醤油を少しいれ、赤ちゃん用で取り分けます。

④.大人用にダシや調味料を足して出来上がりです。

素材の味を楽しめるので、大人の胃も休まります。

離乳食に便利なキッチングッズ

f:id:yoshimike:20191025140739j:plain

離乳食は大人のごはんと大きく形状が違います。

細かく刻んだり、潰したりと、大人のごはん作りにはない工程が出てきます。

そんな時に、あれば便利なキッチングッズを紹介します。

キッチンバサミ


プラス キッチンバサミ 料理ばさみ 分解 食洗機対応 フィットカットカーブ レタスグリーン 35-118

離乳食はなにかと細かくする機会が多いです。

細かくするために、毎回包丁とまな板を出しては、手間がかかりますよね。

そんな時は、キッチンばさみを使いましょう。

出来上がったものを簡単に細かく出来るので、肉や魚など生のままでは細かくしにくいものに対して、とっても重宝します。

マッシャー


パッカーウッド 木柄 ポテトマッシャー No.335

包丁を使うのが慣れていないと、細かく切るのは大変です。

かといって、ミキサーなどを出すのは面倒です。

でも、マッシャーがあれば手軽に潰すことができます。

出すのも簡単、潰すのも簡単、1本あればお手軽にペースト状に出来ます。

おかゆクッカー


ピジョン 炊飯器用 おかゆポット

おかゆをまとめて作って冷凍する

よく耳にしますが、おかゆクッカーがあればそんな必要もありません。

小さじ1杯のお粥も簡単に、しかも、大人用のごはんと一緒に作れます。

作り方は3ステップです。

①.大人用のごはんを炊飯器に入れます。

②.その上に、おかゆクッカーを乗せます。

③.炊飯ボタンを押します。

これだけ簡単なら、毎日炊きたてのおかゆを用意できませんか?



ちなみに、専用の容器を使わなくても、耐熱皿で代用することも可能です。

まとめ

f:id:yoshimike:20191025141141j:plain

離乳食は作るのが大変と思いがちですが、それは肩に力が入り過ぎてるからです。

大人のごはんから取り分ける

これを意識すれば、大人のごはんも離乳食作りも自然に作れます。

栄養バランスはもちろん大事ですが、なにより楽しい雰囲気が大事です。

毎日手作りが辛いなら、市販の離乳食を食べさせても大丈夫です。

市販だからごめんね

とマイナスな気持ちではなく、

今日はいつも違うごはんだよ

とプラスな気持ちで出しましょう。

今回もご閲覧ありがとうございます。

よしみけ٩(ˊᗜˋ*)و

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村