yoshimikeの日記

飲食業界10年の元パティシエ・現保育園調理師が書く、お菓子と食について。

子供のご飯の悩み
スイーツ食べ歩き帳
調味料の選び方
お菓子のなぜ?

【サロン・ド・ショコラでしか買えないお店。希少価値の高いモリヨシダ】

こんにちはよしみけです。

今年はサロン・ド・ショコラ伊勢丹のオンラインショップで、チョコレートを頼みました。

気になるお店が多すぎ、何日も悩みに悩んで2点選びました。

1点目がこちら

【モリヨシダ】

f:id:yoshimike:20190220070849j:plain

2013年にパリでオープンした『モリヨシダ』

C.C.Cの最高金賞を受賞したり、フランスの大会で優勝したりと、今話題のパティシエです。

今は閉店してしまいましたが、静岡県にある『ナチュレナチュール』もオープンしていました。

日本に店舗はなく、サロン・ド・ショコラでのみ買えるショコラ専門店のため、毎年あっという間になくなると話題でしたが、オンラインではすんなり買うことが出来ました。

ゆっくり楽しみながら食べ、ようやく全種類食べ終わりましたので、その味のご紹介をします。

『デギュスタシオン レ ザグリュム』

f:id:yoshimike:20190214042109j:plain

上の段はガナッシュタイプ、下の段はプラリネタイプ

左から順に、マントン産のレモン・コルシカ島産のシトロンセドラ・ベルガモット・グレープフルーツ

柑橘類をふんだんに使い、ガナッシュとプラリネの2種類で構成されているため、食べ比べすることができます。

1箱でガナッシュとプラリネを食べれるって魅力的です。

f:id:yoshimike:20190220062244j:plain

ガナッシュタイプのマントン産レモン・コルシカ島産のシトロンセドラ

ふんわり香るレモンの香りに、ビター・ミルクチョコレートのバランスが良いです。

f:id:yoshimike:20190220062326j:plain

ガナッシュタイプのベルガモット・グレープフルーツ

ベルガモットのほんのり苦味のある味、グレープフルーツの優しい味でした。

f:id:yoshimike:20190220062402j:plain

プラリネタイプのマントン産レモン・コルシカ島産のシトロンセドラ

ナッツの甘さが強調されながらも、レモンの香りと相性良く仕上がっています。

f:id:yoshimike:20190220062441j:plain

プラリネタイプのベルガモット・グレープフルーツ

甘みがありながらも、ベルガモットのほんのりした苦味・グレープフルーツの香りを感じる仕上がりです。



柑橘類とチョコレートのバランスはもちろんですが、一番の驚きは口溶けの良さです。

口の中に入れると、ガナッシュやプラリネと、周りのコーティングされたチョコレートが同じように溶けていきます。

コーティングが厚いと、最後にチョコレートの食感が残りますが、こちらのチョコレートはそれを感じさせない仕上がりです。

まとめ

f:id:yoshimike:20190220071009j:plain

想像以上にチョコレートの口溶けが良く、柑橘類との相性も良かったです。

ガナッシュとプラリネで構成されているため、味比べしながら、味の違いを楽しむことができました。

パリにあるお店では、チョコレート以外にもケーキがあるみたいなので、是非食べてみたいです。

パリに行く機会はあるのだろうか…

もし食べたことのある方がいれば、感想を聞いてみたいです。

今回もご閲覧ありがとうございました。

よしみけ٩(ˊᗜˋ*)و

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村