yoshimikeの日記

飲食業界10年の元パティシエ・現保育園調理師が書く、お菓子と食について。

子供のご飯の悩み
スイーツ食べ歩き帳
調味料の選び方
お菓子のなぜ?

【子どもも安心アレルゲンフリーの人参クッキー】

こんにちはよしみけです。

皆さん子どものおやつにはどんなものをあげていますか?

我が家はレーズンをよくあげていますが、そればかりでは飽きてしまいます。

手軽にクッキーやビスケットもいいのですが、市販のは添加物が気になります。

うーん、どうしようかと悩みどころですが、やはり手作りが一番ではないでしょうか?

クッキー=バターが入っている

そんな方程式が思い浮かびますが、今回のレシピはアレルゲンフリーレシピのため、小麦・乳・卵なしです。

【アレルゲンフリーの人参クッキー】

【材料】
・人参 50グラム
・植物油 25グラム
・豆乳 10グラム
・砂糖 40グラム
米粉 100グラム


『作り方』
下準備:まず予熱160度にしておきます。


①人参を茹でて、すりおろすorミキサーにかけます。

②細かくした人参に、豆乳・植物油を入れよく混ぜます。

よく混ぜると、分離していた状態から、なめらかな状態に変わります。

今回は、ミキサーに人参・豆乳・植物油を入れて混ぜてます。 f:id:yoshimike:20190526030252j:plain

③砂糖と米粉を②と合わせていきます。 f:id:yoshimike:20190526030324j:plain

捏ねるではなく、折りたたむように合わせるイメージです。 f:id:yoshimike:20190526030348j:plain

④冷蔵庫で10分ほど③を冷やして、厚み5ミリほどに伸ばして、好きな型で抜きます。(今回は包丁で切りました) f:id:yoshimike:20190526030416j:plain

⑤160度で10分、天板の向きを変え150度で3分で出来上がりです。 f:id:yoshimike:20190526030445j:plain

【レーズンクリーム】

少しおしゃれにクリームを添えてみました。 f:id:yoshimike:20190526030529j:plain

豆乳のクリームは、食べ慣れていないと、あまり美味しいと感じない方が多いと思います。

でも、ひと工夫すると食べ慣れた味に変えることができます。

今回はレーズンですが、キャラメルソース・抹茶・ココア入れるだけで、手軽に味を変えることが出来ます。

【材料】
・豆乳 250グラム
・砂糖 40グラム
米粉 40グラム
・塩 少々
・レーズン 30グラム


『作り方』
米粉・塩をボールに合わせる。

②豆乳・砂糖を鍋の周りがフツフツするまで温めもす。

③温めた②を①に入れ、混ぜ合わせます。

④鍋に③を入れ、中火で火にかけます。

始めはサラサラ→とろみがつき→ポコポコと沸いてきます。 (熱が加わると少しクリームが締まってきます。) ポコポコと沸いた状態で1分ほど混ぜ続けると、クリームが少し緩んでくるので、そうなれば出来上がりです。

なかなか見た目で判断は難しいので、少しクリームを食べて下さい。(熱いので注意)

粉っぽさを感じなければ、火が通っています。

【まとめ】

f:id:yoshimike:20190526030655j:plain

お菓子=バター・卵・生クリーム


この方程式は正しいですが、時代が進むにつれて、新しい方程式が生まれます。

アレルギーがあっても、手軽で美味しいものはたくさんあり、なければ作ればいいです。

お菓子作りは材料費が高くかかりますが、バターを植物油に変えるだけで、値段は安くなります。

いきなり全部変えるのは難しいかもしれないので、

バターを植物油に
牛乳を豆乳に



始めは一部だけ変えて挑戦してはどうでしょうか?

今回もご閲覧ありがとうございました。

よしみけ٩(ˊᗜˋ*)و

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村