yoshimikeの日記

飲食業界10年の元パティシエ・現保育園調理師が書く、お菓子と食について。

【レーズンサンドと言えば?小川軒でしょ】

こんにちはよしみけです。

タイトルの通り、小川軒のレーズンサンドが好きです。

レーズンサンドと言えば、六花亭派と小川軒派がいると思いますが、僕は小川軒派です!

レーズンサンドはお土産のイメージがありますが、催事とかで見かけたらちょこちょこ自宅用で買ってしまうほど好きです。 f:id:yoshimike:20190520071432j:plain

なぜこんなにも魅力的なのか?

なぜ食べ続けても飽きることがないのでしょうか?

皆さん一緒に考えてみませんか?

【小川軒】

f:id:yoshimike:20190520071737j:plain

1905年新橋に『洋食屋小川軒』として創業して以来、114年ほど愛され続けています。

店舗は鎌倉と思いきや、新橋・御茶ノ水・代官山と4店舗あり、それぞれレーズンサンドのパッケージや味が微妙に違います。

すっかりレーズンサンドの代名詞になっていますが、店舗によってはカフェスペースもあります。

ひな祭りやこどもの日のデコレーションケーキ
いちごのショートケーキやサバランなど洋菓子
バームクーヘンやガトーショコラなどの焼き菓子


催事ではレーズンサンド・カステラ・ガトーショコラくらいしか見かけないのですが、いろんな商品を取り扱っています。

【レーズンサンドの魅力】

f:id:yoshimike:20190520070717j:plain

4店舗ありますが、残念ながら鎌倉のレーズンサンドしか食べたことありません。

クッキー生地で特製バタークリームとレーズンを挟んだシンプルなお菓子。

シンプル故にこんなに魅力的なのではないでしょうか?

・濃厚なバターと天然バニラを使い、サクッと香ばしく焼き上げたクッキー

・なめらかな特製バタークリーム

・洋酒に程よく漬け込んだレーズン

3つとも食感や味が違うことで、絶妙なハーモニーを奏でてるのではないでしょうか。 f:id:yoshimike:20190520070849j:plain

【こだわりの2つの素材】

f:id:yoshimike:20190520071154j:plain

『レーズン』
これを抜いては始まりません。

丁寧に天日干ししたカリフォルニア産のレーズン。

小川軒独自の製法で手を加えることで、みずみずしさと豊かな風味を感じれます。

f:id:yoshimike:20190520071251j:plain

『バター』
なんと小川軒専用のバターを作ってもらっています。

クッキーの豊かな風味は、このバターを抜いては語れません。

【まとめ】

f:id:yoshimike:20190520070641j:plain

創業から伝統的な製法を守り続け、お土産や日常のおやつとしても愛されてます。

こんなにも人を魅了するお菓子って、まるで魔法をかけてるのでは?と疑ってしまいますね。

ずっと愛され続けているお菓子を、これからも大事にしていきたいと思います。

今回もご閲覧ありがとうございました。

よしみけ٩(ˊᗜˋ*)و

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村