yoshimikeの日記

飲食業界10年の元パティシエ・現保育園調理師が書く、お菓子と食について。

【和菓子の魅力。さわだ一休庵の草餅・赤ころ】

こんにちはよしみけです。

20代前半までは、もっぱら洋菓子にしか興味がありませんでしたが、20代半ばになると、なぜか和菓子が食べたくなりました。 f:id:yoshimike:20190429230242j:plain

その後は、すっかり和菓子の魅力に魅了され、今ではもちもちの餅やあんこが好きになりました。

洋菓子は家でも作ったりしますが、和菓子は白玉やあんこくらいしか作れないので、ついつい買ってしまいます。

ちょうど催事で実演販売をしてたところを通りかかって、気付けば買っていました。

【さわだ一休庵】

f:id:yoshimike:20190429221909j:plain

三重県にある和菓子屋。

伊賀の国名張の郷土銘菓を1つ1つ心を込めて作っています。

親子で作り出す和菓子は色彩美があり、繊細であっさりした味で評判です。

おすすめ商品は、『ござる餅』

忍者でござるの『ござる餅』は、小麦粉を使わず、餅粉を使用した粒あん入りの焼き菓子です。

もちもちした独特の食感を楽しめます。

『くさ餅・赤ころ』

f:id:yoshimike:20190429224836j:plain

催事ではこちらの商品とわらび餅のみの販売でした。

注文してから、その場でお餅を一口大にちぎって丸めて伸ばし、餡を包む『くさ餅』

餡を丸めて伸ばし、丸めた餅を中に入れ餡で包む『赤ころ』 熟練の技ってこうなんだと、間近で見ることができて感心してしまいました。 f:id:yoshimike:20190429225043j:plain

くさ餅はよもぎの風味がしっかりしていて、あっさりとしたこしあんを包んでいます。

赤ころは、つきたてのやわらかなお餅を、こしあんつぶあんで包んでいます。

こしあんつぶあんは注文するときに、好きな方で作ってくれます。

【まとめ】

f:id:yoshimike:20190429230322j:plain

和菓子は餅やあんこといったシンプルな材料しか使いませんが、組み合わせでいろんなお菓子に変化します。

洋菓子とは違うきれいさや美味しさは、日本の伝統の深さを感じますね。

家でもこの味を出せればと思いますが、やはり独学でするのには限界があるので、和菓子の勉強をしようかなと思う、今日この頃です。

今回もご閲覧ありがとうございました。

よしみけ٩(ˊᗜˋ*)و

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村