yoshimikeの日記

毎日大切にしたい、ごはんとお菓子と家族。 いろんな情報が飛び交う中、正しい情報を知り、正しい情報を伝えれるように、日々勉強しています。

【バレンタインに向けて知っておこう。チョコレートの用語特集】

こんにちはよしみけです。

バレンタインも近づき、どこで買おうか悩んでいると思いますが、チョコレートの用語はご存知ですか?

ガナッシュ・生チョコ・ボンボンショコラ・プラリネ…etc

なんとなくは分かるけど、実際あまり分からない方も多いと思います。

どんな意味なのか分かれば、味の想像もしやすく相手の好みに合わせやすいので、バレンタインに向けて、チョコレートの用語を勉強しませんか?

【チョコレートの種類】

チョコレートは大きく分けると3種類あるので、それぞれの特徴をご紹介します。

『ブラックチョコレート』

f:id:yoshimike:20190127002916j:plain

一般的にスイートチョコレートと呼ばれることが多いです。

カカオマスカカオバター・砂糖が主な成分で、カカオ分55%〜80%ものが一般的。

カカオ〇〇%と書かれていますが、
例えば、カカオ分60%の場合、残りの40%はほとんど砂糖です。

カカオ分の割合が高いほど、砂糖の量が減ります。

『ミルクチョコレート』

f:id:yoshimike:20190127003036j:plain

カカオマスカカオバター・砂糖・粉乳が主な成分です。

乳が入るため、カカオ分が31%〜38%が一般的。

甘すぎると感じる方も多いので、コーヒーや紅茶などと一緒に食べると、ちょうどバランスが取れます。

ホワイトチョコレート

f:id:yoshimike:20190127003104j:plain

カカオバター・砂糖・粉乳が主な成分です。

ほかの2つと大きな違いがあり、カカオマスが入っていません。

カカオ本来の風味はありませんが、色づけしやすく、見た目が華やかになります。

クーヴェルチュールとは?』

f:id:yoshimike:20190127063834j:plain

チョコレートの商品に、クーヴェルチュールと表記されているのを見かけませんか?

これは、国際規格の基準をクリアしたチョコレートにのみ、表記することが出来ます。

総カカオ分35%以上
カカオバター31%以上
非脂肪カカオ分2.5%以上


準チョコレート・チョコレートなどと表記されているものがありますが、こちらは国内規格となっています。

【カカオについて】

f:id:yoshimike:20190127003601j:plain

チョコレートの原材料はカカオですが、正確にはカカオ豆からさまざまな分類が出来ます。

カカオの実から取り除いた、カカオ豆を加工することで、おなじみのチョコレートに変わっていきます。 f:id:yoshimike:20190127054647j:plain

順番に説明してみましょう。

『カカオパルプ』

f:id:yoshimike:20190127054711j:plain

カカオの実を割ると、白い果肉で覆われたカカオ豆が見えますが、その白い果肉のことをカカオパルプと言い、ライチのようなフルーティな味がします。

発酵させることで、白い果肉が落ちて、カカオ豆が出てきます。

発酵させる前のカカオ豆は、土臭い匂いですが、発酵させることで変化が起き、特有の香りが出てきます。

『カカオニブ』

[f:id:yoshimike:20190127055828j:plain

カカオ豆の胚芽・外皮を取り除き、胚乳の部分を砕いたもの。

これを加工することで、チョコレート・ココアなど、さまさまな商品に変わっていきます。

風味を強調したい・食感を残したいときに、砕いて入れることもあります。

カカオマス

[f:id:yoshimike:20190127055751j:plain

カカオニブを焙煎して風味を良くし、ペースト状にしたものです。

見た目はチョコレートですが、砂糖が入っていないカカオ100%のチョコレートなので、食べるとものすごく苦いです。

カカオバター

f:id:yoshimike:20190127063019j:plain

カカオマスには、カカオ固形分とカカオバターの2つで構成されています。

圧搾することで、カカオバターを取り出します。

バターのような見た目で、無味無臭です。

『カカオパウダー』

f:id:yoshimike:20190127054755j:plain

カカオマスを圧搾して取り出したカカオ固形分を粉末にしたもの。

脂肪分も11%〜24%ほど含んでいます。

【お菓子屋でよく使う用語】

チョコレートやケーキを買うときに、よく見かける用語をまとめました。

これさえ覚えれば、店員さんに聞かなくても大丈夫です!

ガナッシュ

f:id:yoshimike:20190127062439j:plain

生クリームや牛乳とチョコレートを合わせて、ペースト状にしたもの。

チョコレート・ケーキなど、活躍する機会が多いです。

『生チョコ』

f:id:yoshimike:20190127062749j:plain

ガナッシュと作り方はほとんど一緒ですが、ガナッシュよりも水分量が少ないです。

明確な違いはないのですが、
生チョコは、単体で食べる
ガナッシュは、加工して食べる


『プラリネ』

f:id:yoshimike:20190127062506j:plain

ナッツをキャラメリゼして、ペースト状にしたもの。

ナッツの種類で名前が変わり
アーモンド→プラリネ・オ・ザマンド
ヘーゼルナッツ→プラリネ・オ・ノワゼット


その他に、ゴマやピーカンナッツなどでもできます。

『ジャンドゥーヤ』

f:id:yoshimike:20190127062529j:plain

チョコレートとナッツを合わせてペースト状にしたもの。

こちらも、ナッツの種類で名前が変わります。

『ボンボンショコラ』

f:id:yoshimike:20190127054830j:plain

ボンボンウイスキーと間違える方が多いですが、一口大のチョコレートという意味です。

タブレット

f:id:yoshimike:20190127055242j:plain

液晶画面のあるタブレットではなく、板状のチョコレートのことを言います。

まとめ

f:id:yoshimike:20190127062552j:plain

チョコレートは横文字が多いので、普段買わない方は、説明を聞いても「ん?」ということも多々あると思います。

最低限の用語を簡単にまとめましたので、これからのバレンタインのプレゼント選びに役立て下さい。

今回もご閲覧ありがとうございました。

よしみけ٩(ˊᗜˋ*)و

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村