yoshimikeの日記

毎日大切にしたい、ごはんとお菓子と家族。

【初心者でも出来る自宅で簡単お絵かきパンケーキの作り方】

こんにちはよしみけです。

家でパンケーキを作った方は大勢いると思いますが、イラスト付きのパンケーキを作った方は、少ないのではないでしょうか?

難しい・素人には出来ないイメージがありますが、紙に絵を描けるなら誰でも作れます。

もちろん上手な絵を描くためには画力が必要になりますが…

必要な道具と手順をご紹介するので、好きなイラストのパンケーキを作ってみませんか?

『お絵かきパンケーキ』



1.まずパンケーキの生地と、テフロンなどの油を敷かなくてもいいフライパンを用意します。 f:id:yoshimike:20181115225557j:plain

よもぎを入れたパンケーキレシピのため、緑色をしています。 卵・乳・小麦を使っていないレシピなので、アレルギーのある方も安心して食べれます。

www.yoshimike.com



2.絞り袋に1の生地を少し入れます。

今回は、クッキングシートで作った「コルネ」に入れました。

f:id:yoshimike:20181116064145j:plain

他にも、このような絞り袋

f:id:yoshimike:20181115122942j:plain

ソースを入れる容器

f:id:yoshimike:20181115123712j:plain

などを使う事で、絵を描きます。



3.フライパンに絵を描いていきます。 f:id:yoshimike:20181115124724j:plain

この時に注意点があります。

必ずフライパンが冷たい状態・油を敷いていない状態で絵を描いていきます。

そうでないと、生地が浮いてしまい下絵が剥がれます。



4.中火で火にかけて焼いていきます。

ちょっと分かりにくいかもしれないですが、徐々に焼き色が付きます。

この時に、焼けているか気になり、少しひっくり返したくなりますが、ひっくり返すと生地が浮いてしまいます。

f:id:yoshimike:20181115174319j:plain

時間が経つと、生地の周りが茶色くなります。

これで下絵が完成です。

f:id:yoshimike:20181115174659j:plain



5.周りが茶色になったら、弱火にして、ゆっくり生地を流します。

下絵が浮いていると、生地を流した際に、下絵とフライパンの間に入り、下絵が見えなくなります。

f:id:yoshimike:20181115175244j:plain

勢いよく生地を流すと、下絵が崩れるかもしれないので、気をつけて下さい。

ぷつぷつ穴が開いてきたらひっくり返します。

f:id:yoshimike:20181115175506j:plain

そうすると、

f:id:yoshimike:20181115175657j:plain

お絵かきパンケーキの出来上がりです。



この通り子どもの好きなイラストも焼けます。

f:id:yoshimike:20181115181449j:plain

2回目以降は、『軽く絞ったタオルにフライパンの底を当てて粗熱を取る』、を繰り返すと生地が浮くことなく焼き上げれます。

下絵の焼き時間が短いと、生地と同化して見えづらいので、茶色になるまで焼くのがポイントです。



ポイントのまとめ

・テフロンなどの油を敷かなくてもいいフライパンを用意。
・油を敷かずに、冷めた状態のフライパンに生地を流す。
・下絵の焼き色が付くまでは、触らない。
・下絵に生地を流す時は細かく流さず、一気に流す。
・生地をきれいにひっくり返す。


以上の事を意識してすれば、きれいに焼き上げることが出来ます。

まとめ


f:id:yoshimike:20181116022608j:plain
お絵かきパンケーキは、ポイントを押さえれば誰でも作れます。

材料は一緒なのに、少し手を加えるだけでいつもと違うパンケーキが出来ます。

好きなイラストを描いて、いつもと違うパンケーキを楽しみませんか?

今回もご閲覧ありがとうございました。

よしみけ٩(ˊᗜˋ*)و

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村