yoshimikeの日記

毎日大切にしたい、ごはんとお菓子と家族。

よしみけの食べ歩きレポート⑪ 【アトリエうかい】

こんにちはよしみけです。

10月ももうすぐ終わりで、すっかり肌寒くなりコートを着ようか、マフラーを巻こうかと悩む時期になりましたね。

秋といえばやはりモンブランは外せません。

今回は、たまプラーザにある【アトリエうかい】に行ってきたので、ご報告します。

【アトリエうかい】

f:id:yoshimike:20181028002406j:plain

うかいと聞けば、高級な鉄板焼き・割烹などのうかい亭をイメージするかもしませんが、アトリエうかいも同じ系列のお店です。

レストランの食後に出す焼き菓子が人気で、アトリエうかいが出来たと言われています。

店内は割と狭く、ガラス越しに作業場が見えます。

左手に、レシピ本も出てるほど人気のプティ・フール、単品の焼き菓子があり、

真ん中に、生菓子のショーケースがありますが、夕方に行くと5〜6種類のみでしたが、常時ショーケースにケーキがずらっと並んでいる、と言うわけでなく1種類につき1個だけ出してる感じでした。

右手奥に、ホールのデコレーションケーキがありました。



生菓子は、季節の果物を使ったケーキやハロウィン限定のケーキがありましたが、やはりこの時期は『モンブラン』です。

ちょうど売り切れでしたが、モンブランクリームをかければ完成という状態だったので、出来上がりを待ちました。

ガラス越しから仕上げているのを見ていたら、土台にモンブランクリームを絞る際に、量りに土台を乗せてからクリームを絞っていました。

クリームの量が、少なすぎず多すぎ、全部のモンブランが同じ味になるように、クリームの量を調整しているんだと思います。

丁寧な作業だなと感心していました。

モンブラン以外にも焼き菓子を2点買い、帰り際はドアを開けていただき、笑顔でお見送りしてもらえました。

接客も言うことなく、満足な対応でした。

『和栗のモンブラン

f:id:yoshimike:20181028000826j:plain

和栗のモンブランクリームを全体に絞り、土台はモンブランソース・生クリーム・スポンジ・刻んだ栗・小さめの丸に絞ったメレンゲで、組み立てられています。

一般的なモンブランは、土台がメレンゲ・その上に生クリーム・モンブランクリームと、シンプルな作りが多いですが、こちらのモンブランは違いました。

土台のソースは洋栗を使い、バニラと合わしていまし

和栗の濃厚な味と、洋栗のソースが合わさると、濃厚でありながらも口どけなめらかな仕上がりになっていました。

スポンジや生クリームも、栗の味を邪魔することなく、しっかりと栗の味を支えています。

シンプルな作りが多いなか、こちらのモンブランは、それぞれのパーツがしっかりと役割を果たして、計算された味に仕上がっていました。

f:id:yoshimike:20181028003835j:plain

まとめ


f:id:yoshimike:20181028063358j:plain
最近いろんなモンブランを食べていますが、こんなにパーツが分かれているのに、全体のバランスがしっかり保たれているものは、初めてです。

次回は、プティ・フールや他の生菓子を買いたいと思います。

今回もご閲覧ありがとうございました。

よしみけ(´﹃`)



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村