yoshimikeの日記

毎日大切にしたい、ごはんとお菓子と家族。

陰陽の不思議⑨ 牛乳について

こんにちはよしみけです。

牛乳と言えば皆さんどんなイメージがありますか?

f:id:yoshimike:20181009235319j:plain カルシウムが豊富・身長が伸びる・骨が丈夫になる・給食で毎日飲んだなど、体に良いイメージがあると思います。

カルシウムが豊富で健康な事に間違いはありませんが、皆さんはどんな牛乳を飲んでいますか?

牛乳と一言で言っても、無調整牛乳・低脂肪牛乳など種類がたくさんあります。

もしかしたら、今飲んでいる牛乳は栄養価が低い場合があったり、体内にうまく吸収されていない場合があるので、一度牛乳について勉強してみませんか?

f:id:yoshimike:20181009235336j:plain



牛乳の種類

牛乳と一言で言ってもいろんな種類があります。 種類によって特徴が違うので、それぞれご紹介します。

牛乳

原料が生乳100%で、均質化処理をして加熱殺菌したもの。

特別牛乳

特別牛乳とは「特別牛乳搾取搾乳処理業」の許可を受けた施設や牧場で作れる、一般的な牛乳よりも濃いもの。

成分調整牛乳

生乳から水分・脂肪分・ミネラルなどの成分を一部除去して、成分を調整したもの。

低脂肪牛乳

原料の生乳から乳脂肪分を一部取り除き、0.5%以上1.5%以下にしたもの。

無脂肪牛乳

乳脂肪分を大幅に取り除き、0.5%未満にしたもの。

加工乳

生乳に、脱脂粉乳・全粉乳・バターなどの乳製品を加えたもの。 乳製品と水以外を加える事は出来ません。

乳飲料

生乳・牛乳や、これらを原料にした乳製品を主な原料にしたもの。 カルシウム・鉄などのミネラルや、ビタミンなどの栄養素を追加したり、コーヒー・紅茶などのフレーバーを合わせる事が出来る。

名称 生乳の割合 乳脂肪 無脂乳固形分
牛乳 100% 3.0%以上 8.0%以上
特別牛乳 100% 3.3%以上 8.5%以上
成分調整牛乳 100% -- 8.0%以上
低脂肪牛乳 100% 0.5%以上1.5%以下 8.0%以上
無脂肪牛乳 100% 0.5%未満 8.0%以上
加工乳 -- -- 8.0%以上
乳飲料 -- 3.0%以上(乳固形分)


牛乳別の乳脂肪分一覧

f:id:yoshimike:20181009235425j:plain

そもそも乳脂肪分や無脂乳固形分とはなにかご存知ですか?

乳脂肪分


字の通り牛乳に含まれる脂肪分の事を表します。

牛乳100gあたりに3.8gの脂肪分が含まれていて、脂肪分が多いほど濃厚な味になります。

無脂乳固形分


牛乳から水分と乳脂肪を取り除いたものが、無脂乳固形分と言い、カルシウムなどのミネラル・ビタミンなどの栄養素を含んでいます。

牛乳の殺菌方法の違い


f:id:yoshimike:20181009235451j:plain

牛乳パックに、低温殺菌や75度15秒などの表記を見た事はありますか?

殺菌方法は、国際的に大きく3つに分ける事が出来るので、表にしてみました。

殺菌方法 殺菌温度 殺菌時間
低温保持殺菌 62度〜65度 30分
高温短時間殺菌 72度〜75度 15秒
超高温瞬間殺菌 120度〜130度 2秒〜3秒



65度以上で加熱すると、牛乳の成分が変質するため、低温殺菌以外の場合は短時間で殺菌します。

超高温で殺菌すると、加熱臭が出ますが、日本人はこの加熱臭のコクが好きなため、流通している牛乳の9割は超高温瞬間殺菌のものです。
f:id:yoshimike:20181009235517j:plain
栄養価は低温でも超高温でも、あまり変わらないと言われていますが、本当にそうでしょうか?

超高温の場合は、カルシウムの中でも消化にいい、イオン状カルシウムが、消化の悪いカルシウムに変質したり、ビタミンD・E・酵素の効果が失われたりします。

大手メーカーでは、高温殺菌でも栄養価は変わらないとされていますが、海外では高温殺菌した牛乳は飲まないと言われています。

どちらが正しいか答えは出せませんが、大手だから安心や、値段が高いから安心など、簡単に情報を鵜呑みにしないで、なぜ?っと疑問を持ったら調べてみましょう。

良くも悪くも、なぜそうなのかと理由が分かるはずです。

上手な牛乳の飲み方


f:id:yoshimike:20181009235803j:plain
牛乳はカルシウムが豊富な事で有名ですが、牛乳ばかりで飲んでもカルシウムはうまく吸収されません。

ビタミンDと一緒に取る事で吸収率を上げる事が出来ます。 また、外に出て日を浴びる事でビタミンDを体内で作る事が出来ます。

外で日を浴びてから牛乳を飲んだり、ビタミンDが豊富な食材と一緒に食べる事で、無駄なくカルシウムを摂る事が出来ます。

まとめ


f:id:yoshimike:20181009235835j:plain
牛乳と言えば、給食の時に毎日飲んでた方が多いと思いますが、牛乳=健康ではありません。

飲み方や牛乳の選び方を正しくしないと、効果が半減したり、体に悪くなってしまいます。

当たり前のものこそ、初心に帰って一度調べてみてはどうでしょうか?

今回もご閲覧ありがとうございました。

よしみけ(´﹃`)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村