yoshimikeの日記

毎日大切にしたい、ごはんとお菓子と家族。

よしみけの座談会⑥ おすすめのお菓子の本

こんにちはよしみけです。

 

皆さんはお菓子の本を買うとき、どんな本を買いますか?

 

種類や内容や値段は様々で、どれを買えばいいのか悩んでしまいます。

 

特定の種類のお菓子、例えばチーズケーキ・スコーンなど、作りたいものが決まっている場合は、ひとつのお菓子に特化したものを選べばいいと思います。

 

しかし、どれを作ろうかと悩んでいる時はどうすればいいのか…

 

そこで、今回は初心者の方でもわかりやすいおすすめの本をご紹介します。

 

f:id:yoshimike:20180901043905j:plain

 

 

【お菓子とケーキ、おいしい生地の基本】

ウィーン菓子で有名な、リリエンベルグのレシピをまとめた一冊です。

 

ショートケーキ・シュークリーム・チーズケーキ・クッキーなどの、基本的なレシピを、写真付きの工程とともに書かれているため、非常にわかりやすいです。

 

スーパーで買える材料で作られているため、材料集めが簡単で本格的なお菓子を作る事が出来ます。

 

ぜひ家でプロのケーキの味を楽しんでください。

 

【かんたんお菓子〜なつかしくてあたらしい、白崎茶会のオーガニックレシピ〜】

 白崎茶会と言えば、アレルゲンフリーで作るお菓子で有名です。

 

特に小さい子どもがいる家庭は、卵や乳などのアレルギーを持っている事が多いですが、こちらのレシピでは卵や乳を使っていない、お菓子がたくさんあります。

 

卵や乳を使わないと質素なお菓子しか出来ないのでは?と思う方も多いかもしれません。

 

でも、こちらの本には華やかなお菓子もたくさん載っていて、かつ手軽に作る事が出来ます。

 

オーガニックと聞くとハードルが高いと思う方もいるかもしれませんが、材料を見てみると、「あれ?これでいいの? 」と思うくらい、身近な材料で作る事が出来ます。

 

【お菓子「こつ」の科学ーお菓子作りの疑問に答える】

20歳の時に、先輩パティシエからおすすめしてもらった本です。

 

こちらはレシピ本ではありませんが、卵・乳・小麦・ゼラチン・チョコレートなどの、お菓子作りになくてはならない材料について書いています。

 

スポンジ生地を作るときに、一般的に湯煎をしますが、なぜ湯煎するのか?

バターを入れるクッキーはなぜサクサクするのか?

チョコレートのテンパリングをするとなぜ安定するのか?

 

などなど、理論的な事がたくさん載っています。

 

レシピ本には、なぜこの工程をするのか?という説明がない場合もありますが、本に書いてあるからよりも、理論を知ってからするでは、出来上がりも大きく違います。

 

初心者の方からプロの方までおすすめです。 

 

新版が出ており、今回ご紹介したのは旧版ですが、内容に大きな差はありません。

 

まとめ

 

f:id:yoshimike:20180901042826j:plain

3点ご紹介しましたが、まだまだおすすめの本はたくさんあります。

 

お菓子を作り慣れていない方は、文章と一緒に写真もある方が、常にお菓子の状態を比べる事が出来て失敗が少ないです。

 

たくさんある本から、ぜひ自分に合った一冊を見つけて下さい。

 

今回もご閲覧ありがとうございました。

 

 

よしみけ(*´﹃`*)

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村