yoshimikeの日記

毎日大切にしたい、ごはんとお菓子と家族。

お菓子の疑問⑨ アーモンドクリームについて

こんにちはよしみけです。

 

今まで4つのクリームをご紹介してきましたが、最後のクリームの『アーモンドクリーム』についてお話しします。

 

一般的にアーモンドクリームは、タルト台で使われる事が多いので、意外と知らずに食べていた方もいると思います。

 

生クリームやカスタードクリームのように、飾り付けに使われないですが、ケーキの味を芯から支える大事なクリームです。

 

f:id:yoshimike:20180731132640j:plain

 

 

アーモンドクリームの作り方

アーモンドクリームを食べた事はあると思いますが、どうやって作るのか、どんな材料で作られているか知っていますか?

 

基本の作り方は、バター・砂糖・卵・アーモンドプードルの4つの材料(1・1・1・1の割合)を、順番に入れて作ります。

 

材料がシンプルなため、混ぜが足りない・時間をかけ過ぎたなどすると、分離してしまいます。

 

分離したものを焼くと、油が出てきてしまい、油っこい仕上げになります。

 

そうならないために、いくつかポイントを説明します。

 

①  バターは常温に戻して、クリーム状にしておきます。

②  砂糖をすり混ぜます。

③  卵は常温に戻してほぐしておきます。

      それを数回に分けて入れ、その都度よく混ぜます。

☑︎この工程で分離をよくするため、卵を入れた後はしっかり混ぜます。

④アーモンドプードルを入れて、混ぜ合わせます。

 

作り方を見れば、混ぜ合わせるだけですが、シンプルだからこそ難しいです。

 

f:id:yoshimike:20180731132658j:plain

アーモンドクリームのアレンジ

アーモンドクリームに、少し材料を足すだけで簡単にアレンジが出来ます。

簡単に出来るものをいくつかご紹介します。

 

クレーム・フランジパーヌ

こちらは、アーモンドクリームにカスタードクリームを合わせたものです。

アーモンドクリーム100グラムに対して、カスタードクリームを30グラムが目安なので、アーモンドクリームの30%ほど入れると、バランスが良くなります。

 

ただし、カスタードクリームが入るため、日持ちが悪くなるので気を付けて下さい。

 

ショコラアーモンドクリーム

アーモンドクリームは、すべての材料が同量のため、ショコラも同量入れます。

湯煎で溶かしたものか、細かく刻んだものを、アーモンドクリームに混ぜ合わせれば簡単に出来ます。

 

代表的なケーキ

アーモンドクリームと言えば、タルト台に使われますが、その中で代表的なお菓子があります。

 

ガレット・デ・ロワ

 

f:id:yoshimike:20180731132733j:plain

 

聞いたことがある方も多いのではないでしょうか?

 

フランスの伝統的なお菓子で、パイ生地にアーモンドクリームを入れて焼き上げたものです。

 

1番の特徴は、中にフェーブと呼ばれる人形が入っています。

 

切り分けて、フェーブが入ってた人は、その日は王様または王女様になる事が出来ます。

 

そんな遊び心のあるお菓子です。

 

 

まとめ

f:id:yoshimike:20180731142310j:plain

生クリームやカスタードクリームに比べると華やかさには欠けますが、ケーキを支える大事なクリームの1つです。

 

材料も手に入りやすく、シンプルな作り方なので、一度作ってみてはどうでしょうか?

 

今回もご閲覧ありがとうございました。

 

よしみけ˚₊*୧⃛(๑⃙⃘⁼̴̀꒳⁼̴́๑⃙⃘)୨⃛*₊