yoshimikeの日記

毎日大切にしたい、ごはんとお菓子と家族。

陰陽の不思議② 重ね煮について

こんにちはよしみけです。

 

 前回、陰陽調和料理についてご紹介しましたが、今回はより実践的にご説明します。

 

 

www.yoshimike.com

 

重ね煮の仕方

重ね煮という言葉は聞き慣れないですが、特別な器具を使わず、普段の食事に取り入れる事が出来るので、押さえておきたいポイントをご紹介します。

正しい順番で重ねる

f:id:yoshimike:20180625224718p:plain

必ず守らないとダメなのが、重ねる順番です。

 

なんの順に重ねるの?と疑問を持つ方も多いと思いますが、素材によって順番が決まっているので、一度覚えてしまえばその通りに重ねれば大丈夫です。

 

ただ、初めての方はどの順番かわからないですし、何十種類も覚えるのは大変です。

 

初めのうちは、土から上か下のどちらに作物が出来るかを目安にして下さい。

土の下に出来る素材は陽で、れんこん・人参などの根菜類。

土の上に出来る素材は陰で、小松菜・キャベツ・白菜など葉菜類

 

入れる順番は、陰の素材を下にし、陽の素材を上にし、中庸の素材がある時は1番上に重ねます。

 

こうする事で、陰の広がる性質と陽の縮まる性質がうまく調和されます。

 

全ての材料を入れて火にかける

f:id:yoshimike:20180816173305p:plain

陰陽調和料理は、基本的に調味料以外の材料を入れてから火にかけます。

材料を切ってしまえば、あとは柔らかくなるのを待つだけなので、手軽に出来ます。

 

素材が柔らかくなってから味付けをするので、味付けをする前に離乳食分を取り分けると、鍋1つで大人と子どもの食事を作る事が出来ます。

 

素材の選び方

素材を丸ごと食べるため、素材選びは大事です。

特売価格のものは、お財布には優しいですが、体にとってはどうでしょうか?

 

f:id:yoshimike:20180816173326p:plain

皮ごと使うので、無農薬・有機野菜を選ぶ

アクが強い里芋などは皮をむいたりしますが、基本的には皮ごと食べます。

特売価格の野菜・魚などは、農薬や化学肥料が使われているため、皮をむきます。

 

皮には栄養が豊富に含まれているので、なるべく摂りたいですね。

そのために、無農薬・有機野菜を選んで、丸ごと素材を楽しみましょう。

 

動物性の材料は、安価なものはなるべく選ばない

肉や魚も安価なものは、ホルモン剤が投与されたり、農薬まみれのエサを食べている可能性が高いです。

 

オーガニックの専門店や顔の見える生産者から買うと、安全性の高いものを買う事が出来ます。

 

味付けの仕方

皆さんは薄味・濃い味どちらが好きですか?

こってりした味は美味しいですが、素材の味が消えてしまいます。

素材の味を楽しむ料理を作ってみませんか?

 

素材の味を生かすため、だしは不要

f:id:yoshimike:20180625232258j:plain

料理を作る時に、かつおだし・コンソメなどの粉末を入れる方は多いのではないでしょうか?

 

陰陽調和料理では、だしは不要です。

 

素材を煮込めば素材のだしが出るため、例えばかつおだしを入れるなら、かつおぶしや昆布を入れれば、かつおだしを入れる必要がなくなります。

 

粉末のだしには、化学調味料やスパイスなども入っていて、なによりだしの味が常に同じです。

 

どんな素材を合わせても、粉末のだしの味になるため、素材の味が消えてしまいます。

 

醤油・塩・みりん・味噌はオールマイティ

家庭にはどんな調味料がありますか?

砂糖・塩・酢・醤油・味噌のさしすせその調味料以外に、ソース・ケチャップ・マヨネーズなど様々なものがあります。

 

ソースやケチャップなどの味の濃い調味料は、たしかに美味しいですが、どんな素材も調味料の味に染まってしまいます。

 

例えば、コロッケにソースをかけて食べるのをイメージして見て下さい。

 

f:id:yoshimike:20180625232339p:plain

 

どうでしょうか?じゃがいもやひき肉の味は楽しめますか?

きっとソースの味がする、ホクホクしたものを食べただけになりませんか?

 

たくさんの調味料がスーパーにありますが、使うのは醤油・塩・みりん・味噌があれば、素材の味を引き出す事が出来ます。

 

しかし、本物と似せたものがありますので、原材料を見てシンプルなものを選んで下さい。

 

まとめ

素材にこだわって作った料理は、うす味でも満足する事が出来ます。

濃い味が好きな方にとっては、物足りないかもしれないですが、しばらくすると舌が素材の味を受け入れてくれます。

美味しくて、体にも優しい料理にチャレンジしませんか?

 

 

今回もご閲覧ありがとうございました。

 

よしみけ٩(ˊᗜˋ*)و