yoshimikeの日記

毎日大切にしたい、ごはんとお菓子と家族。

お菓子の疑問① ケーキの型の素材の違いについて 【基本編】

 

こんにちはよしみけです。

 

皆さん自宅でごはんはよく作ると思いますが、お菓子を作る方は少ないのではないでしょうか?

 

お菓子と聞くと、繊細できっちり分量を量らないと作れない。

 

そんなイメージが強いと思います。

 

しかし、お菓子はイベントの時や、日々の疲れを取るためには欠かせないものです。

お菓子作りが身近になるようにお手伝い出来ればと思い、ブログを書いていこうと思います。

 

お菓子作りで欠かせないものは、たくさんありますが、まずは型についてご紹介します。

 

ステンレス・アルミ・シリコンなど、様々な素材がありますので、違いを見てみましょう。

 

☆アルミ

☆ステンレス

☆ブリキ

☆アルタイト

☆シリコン

☆フッ素加工

 

 

☆アルミ

f:id:yoshimike:20180611081251j:plain

・メリット

手頃な価格で軽くて錆びにくく、熱伝導率か良いため使いやすいです。

 

・デメリット

軽いため型が変形しやすい。

 

☆ステンレス

f:id:yoshimike:20180611123754j:plain

・メリット

固くて錆びにくいため、お手入れしやすい。

 

・デメリット

熱伝導率が悪いため、焼きムラがあり、ほかの型に比べると膨らみが悪い。

 

☆ブリキ

f:id:yoshimike:20180611123917j:plain

鉄にスズのメッキをしたもの。

・メリット

油が馴染むと、焼き色も綺麗につくためケーキ屋でよく使われる。

 

・デメリット

油が型に馴染むまで時間がかかるため、たまにしか使わない場合はおすすめ出来ない。

☆アルタイト

f:id:yoshimike:20180611123809j:plain

・メリット

スチールにアルミメッキを付けたもので、熱伝導率も型離れも良い。 

 

・デメリット

手入れが悪いと錆びてしまい、少し重たい。

 

☆シリコン

f:id:yoshimike:20180611124117j:plain

・メリット

型に油脂などを塗る必要がなく、型離れがいいため、手軽に使える。

 

・デメリット

焼き色が付きにくく、熱伝導率も金属の型に比べるとあまり良くない。

 

☆フッ素加工

f:id:yoshimike:20180611125035j:plain

・メリット

錆びにくく、生地も付きにくいためお手入れが簡単。

 

・デメリット

フッ素加工が剥がれると、使いづらくなるため、ほかの型に比べると寿命が短い。

 

まずは、簡単に型の特徴をご紹介しました。

 

お菓子と型の相性もあるため、どれがおすすめとは一概に言えませんが、アルミ・ステンレスは使い道も多いため、あると便利です。

 

次回は、より詳しく素材の特徴についてご紹介します。

 

ご閲覧ありがとうございます٩(ˊᗜˋ*)و